ようこそ、バリカン君のマエカワ工房へ。簡単、自分でバリカン研ぎをしましょう。

ここだけの話

a:8885 t:1 y:2

a:8885 t:1 y:2

毛かきの自作方法

トリマーさんが参考にできます。使用しない古いスピーディックの替え刃を使い、有名なファーミネーターと同じかそれ以上の機能のあるアンダーコート取りの自作方法を紹介します。
このアンダーコート取りを使用すると他の物が使えなくなります。驚くほどよく取れます。
試しに、1MMの下刃を外して手でもって毛を梳いてみて下さい。


画像の説明画像の説明
画像の説明


ホームセンターで上の写真のような金具を1個準備します。どのタイプでもかまいません。左下の棚受けのタイプは右のように切り取ります。
他に4MMのネジとナット・ワッシャー・スプリングワッシャー・割り箸2本・テーピングテープを用意します。ネジの長さは15MMから20MMあれば十分です。


画像の説明画像の説明


次に割り箸を2本用意して取っ手の部分に使用します。長さを切りそろえます。


画像の説明画像の説明


テーピングのテープを割り箸の上から巻いていきます。


画像の説明画像の説明


古い使わなくなったスピーディックの替え刃の0.5MMから2MMまでの下刃だけを外しネジで取り付けます。今回は1MMを使用しました。


画像の説明


これで完成です。驚くほどむだ毛がよく取れます。
ダックスの耳にできた毛玉も少しハサミを入れれば大きな毛玉も簡単に取れます。小さい毛玉はハサミなしでも痛みを抑えて取れます。


くれぐれも下刃だけを使用して下さい。上刃は刃物ですから絶対に使用しないで下さい。けがをします。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional